無職だけど借り入れできる?

そもそも無職の場合お金を借りる心配をするよりも、 働き口を見つける心配をした方が良いのですが・・・。 まあ、そこは大目に見たとしても、無職の人、つまり収入の無い人にお金を貸す業者はありません。 慈善事業でお金を貸しているところなど存在しないのです。

ただし無職であっても条件によっては借り入れを利用できる場合があります。 それは資産価値のある担保を設定できる場合と、確実に安定した収入を保証できる保証人がいる場合です。 いずれも稀なケースではありますが、借り入れできることもあります。 ただし担保になるのは不動産や土地など充分な資産価値のあるものでなければなりません。

そもそも資産や保証人がいるのであれば、その資産を処分するなり、保証人となれる人から直接お金を用立てて貰った方が早い話です。

なので無職の場合は借り入れを利用すること考えるよりも、短期のバイトでもよいので自分で稼ぐ方向を目指した方が良いでしょう。

病気や障がいなど、やむを得ない事情があり、援助してくれる人もいない場合は、役所などでケースワーカーに相談した方が、今後の生活の立て直しのためにも賢明でしょう。

間違っても審査もせずに貸付をするような業者からお金を借りてはいけません。 法に則った営業をしていないところは、法律など関係なく法外な請求をしてきます。 それこそ本人が生活できなくなろうが構わず全てむしり取られてしまうことになります。 よくある「クレジットのショッピング枠を現金化」というのにも手を出さないことです。 クレジットの支払いは結局自分でしなければなりません。 職が無く収入が無い状態でどうやって支払えるのでしょう?

お金が無い状態は焦って目先の楽な方法を選んでしまいがちです。 少し先のことを考える余裕を持ち、今何をすべきなのかを真剣に考える時期だと思います。

このページの先頭へ